読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺこらっしゅほーい!

脱出とか脱出とかぺこらの話。

5/3 WAR→P 鈍色のカーテンコール

ある小さな街に、ひとつの劇団がありました。決して一枚岩とは言えないまでも、座長を中心に力を合わせて芝居を作ってきた一座。劇団「モノクローム」。いつかは東京の大きな劇場へと夢見ていました。次回公演を控えたある日、突如座長がこの世を去りました…