読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺこらっしゅほーい!

脱出とか脱出とかぺこらの話。

1/15 よだかのレコード 電脳九龍城からの脱出

電脳九龍城で謎解きができるらしい!
ってことで行ってきました。
その日は横浜のアジトからのはしごだったので、
たどり着いた時はもう日が暮れておりました。

ところで
電脳九龍城ってなんですか?

ざっくり聞いてみると
川崎にあるカッコイイ、ゲームセンターらしい。
へー。お洒落系かなぁ~
ググってみよう。


f:id:usapekora:20170405120719j:image

ひぃっ((((;゚Д゚))))!


とてもゲームセンターとは思えない外観。
香港に存在したスラム街 九龍城 をイメージして作られた内装のようです。
九龍城、初めて知りました。
川崎駅から歩いて徒歩10分くらいでしょうか。
突如暗がりに怪しく浮かびあがる真っ赤な扉。
扉に吸い込まれるように中に入ると……


で、伝説のスラム街やぁー!!


本物は全然知りませんが、あふれ出る伝説感!
細部まで再現された(であろう)内装!
若干お化け屋敷の雰囲気がありますけど、それもね!
伝説のスラム街ですからね!
お化けのひとりやふたり飼っていてもおかしくありません。
むしろ、ここからお化けは生れ出ているのかもしれません。

トーリー

コレクターから「電脳九龍城に眠る財宝を我がコレクションに加えたい」という依頼状があなたに届く。しかし、これまで財宝を手にした者は誰もいない。あなたは九龍城に隠された数々の謎を解きながら財宝にたどりつけるか。


なるほど!宝探しね!
きっとこのスラム街にいつものあんなパネルとかそんなパネルが張り巡らされているのね!
ちょっと暗めな店内なので見づらかったりするのかなー
とか考えつつ、受付にてキットを購入。
ビルがまるっと電脳九龍城なので上へ行ったり下へ行ったり。
ゲームセンターだけでなくネットカフェもありました!
中には入っていないけれど、そちらはクーロンデザインではなさそうです。

途中、「え!そんなところに?!」とか
最後の大謎では、「それはないでしょー」とかとか
驚きもありつつ見事伝説の財宝を手に入れることができました!

夜行ったせいか雰囲気マシマシでした。
電脳九龍城ならではのストーリーは、よだかさんならではでしょうか。
もう既に本周遊は終了してしまいました…
が!
なんと!第二弾の開催が決定されています!

 

warehousenet.jp


開催期間
2017年4月21日~9月3日
と結構長めなので電脳九龍城でクーロンクーロンするしかないですね(≧▽≦)

ぺこちゃーと
探索度 ★★★★★
謎解き度 ★★★★☆
難易度 ★★★☆☆
進むの躊躇う度 ★★★★★
おすすめ度 ★★★★☆